当協会は鉄道の運転業務に関する事業を行い、鉄道輸送の安全性、安定性の確保、サービスの向上などに寄与してまいります。

  • 今月
  • 先月
PICK UP! 毎年行われる、運転協会誌の表紙写真コンテストより、会員様よりご応募いただいた作品の中から、厳選した作品を掲載しております。

ニュース & トピックス

電子図書館へ
お問い合わせメールフォームへ

協会誌最新案内

協会誌最新案内
運転協会誌6月号
(No.720号)
2019年6月1日発行
B5/56p

車両基地特集

今月号は、『車両基地特集』として、車両基地の変遷と今後の課題について、論説では抵抗制御・チョッパ制御・VVVF制御等、新しい技術を搭載した車両へと移り変わっていく中で、車両基地内の設備も新型車両に対応すべく更新されている状況や、車輪形状測定装置・フラット検知装置・屋根上監視カメラなどの最新技術を取入れ、検査期間の短縮を図ったり、また検査場内に冷暖房設備を設置するなど、作業環境の改善に取り組まれている様子を紹介しています。また座談会では、JR・大手民鉄・中小民鉄・山岳鉄道・路面電車など、特徴のある会社の車両部員の皆様にお集まりいただき、各社路線の特徴や車両の特色、保有車両の新旧割合による整備上の問題点、そして若手社員への技術の伝承から、新入社員の採用問題に至るまで、今後の課題と具体的な取組みについて語っていただきました。特に最近多く見られる現象として、新入社員が思い描いて入社してきたイメージと、配属された職場の作業内容や環境が大きく違っていることが原因で、すぐに退職してしまうケースが多くなってきており、いかに採用する際の会社概要説明の段階で、実際の仕事内容を理解していただくか等の取組みもご紹介いただいておりますので、ぜひ参考にしていただければと思います。