当協会は鉄道の運転業務に関する事業を行い、鉄道輸送の安全性、安定性の確保、サービスの向上などに寄与してまいります。

  • 今月
  • 先月
PICK UP! 毎年行われる、運転協会誌の表紙写真コンテストより、会員様よりご応募いただいた作品の中から、厳選した作品を掲載しております。

ニュース & トピックス

電子図書館へ
お問い合わせメールフォームへ

協会誌最新案内

協会誌最新案内
運転協会誌7月号
(No.709号)
平成30年7月1日発行
B5/56p

バリアフリー特集

今月号はバリアフリー特集として、各社における現在の取組み状況について掲載いたしました。平成12年11月に『高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律』(交通バリアフリー法)が施行され、その後施策の拡充を図るため、『高齢者、身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律』(ハートビル法)と交通バリアフリー法を一本化し、平成18年12月20日、新たに『高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律』(バリアフリー法)が施行されました。それにより、高齢者、身体障害者のみならず、知的障害、精神障害、発達障害など、すべての障害者を対象に加えて、ハード面だけではなく、ソフト面の取組み(高齢者、障害者等の困難を自らの問題として認識し、心のバリアを取り除き、その社会参加に積極的に協力すること)が重要であることから、バリアフリー教室の開催や、駅ボランティアの導入、サービス介助士の資格取得等により、介助レベルの向上に力を入れてきている状況が、論説及び座談会の内容からよく見えてきます。今回の掲載内容が、今後の各社局における取組みの参考になれば幸いです。