当協会は鉄道の運転業務に関する事業を行い、鉄道輸送の安全性、安定性の確保、サービスの向上などに寄与してまいります。

運転協会誌の最新号の紹介

最新号 運転協会誌1月号(No.715号)
・発行日:平成31年1月・サイズ:B5 ・ページ数:56p
※協会にご入会されますと本誌を毎月お手元にお届けいたします。
ご入会はこちら

運転協会誌の内容

【特集】

各号を話題性のあるテーマで特集化して、論説の掲載や座談会の開催を行って、資料としても活用できるように配慮しています。

(1) 論説
特集テーマに沿って、それぞれの鉄道会社における取り組み内容を、図や写真を交えて紹介しています。

(2) 座談会
テーマに沿って、座談会のテーマと出席会社を定め、様々な職種の方に出席していただいて、貴重な体験談や苦労話など、興味深い内容を紹介します。

【だんわしつ】

各鉄道会社の運転関係の部長職の方に、一定のテーマはなく業務に関する思い入れや個人的な趣味までの幅広い中からエッセイを掲載していただいています。

【動力車操縦者試験】

年2回、行われる動力車操縦者運転免許の国家試験について、その問題と編集部で解いた答を示しています。

【新型車両プロフィールガイド】

鉄道会社における新車導入の背景から基本性能に至るまで、主要諸元表などを交えながら、新型車両の魅力を、余すところなくお伝えします。

【乗務員職場の概要】

前シリーズ「動力車操縦者養成所の概要」を受け、養成所で免許を取得された方達が所属する職場の紹介で、施設の設備、勤務形態、教育体制・委員会活動などの概要を、簡潔に紹介しています。

【連載シリーズ】

(1)職場のわだい
鉄道会社において、取り組んでいる運転業務、職場内小集団活動や沿線地域社会との交流などを、トピックスとしてご紹介いただきます。

(2)鉄道紀行
旅情あふれる路線案内などを写真を交えて紹介しており、美しい車窓が目に浮かび、まるで一緒に旅をしているかのように楽しい内容になっています。

(3)運転日誌余話
隔月で「車掌編」と「運転士編」の2つがあります。筆者の自己紹介から、いまの職務へ着くまでの経歴や体験談そして苦労話などを紹介しています。

最新号の目次

運転協会誌1月号(No.715号)

※後の数字はページ数となります。
  • 新年を迎えて 石田義雄 (1)
  • 相模鉄道 “チームそうてつ”、次の100年の礎に 滝澤秀之(2)
  • 国土交通省 鉄道に関する技術上の基準を定める省令の解釈基準の一部改正について 振角高宏(6)
  • 鉄道総合技術研究所 列車速度の違いによる強風時の転覆リスクを考える 乙部達志(10)
  • 東海旅客鉄道 海外鉄道事情 英国列車運行会社の取り組み 前田英律(14)
  • 近畿日本鉄道 運行管理システムの更新及び体制の強化 大野進太郎(18)
  • 座談会 海外鉄道視察を振り返って(22)
【だんわしつ】
  • 大事なこと 小林秀行(32)
【新型車両プロフィールガイド】
  • 西日本旅客鉄道 山陰観光列車『○○(まるまる)のはなし』『あめつち~天地(あめつち)の初発(はじめ)の時~』車両紹介 村中伸・田中大基(33)
【乗務員職場の概要(10)】
  • 名古屋鉄道 喜多山乗務区の概要 伊藤敏朗(36)
【動力車操縦者試験】
  • 動力車操縦者試験-国家試験- 平成30年度第1回〈その2〉(48)
【連載シリーズ】
  • 職場のわだい(276) ゆりかもめ さらなる発展 どうなる臨海副都心 村上友歌(40)
  • 鉄道紀行 その384 東日本旅客鉄道『男鹿のナマハゲ文化』と歴史を辿る男鹿線の旅 神大地(42)
  • 運転日誌余話〈321〉 車掌編 四国旅客鉄道 さらなる未来へ出発進行!! 安藤正春(44)
  • 試乗記 大阪高速鉄道 新型車両『3000系』―楽しさを乗せて快走― 石黒正人(46)
  • 運転クイズ(473)(54)
  • 協会の動き・編集室(55)
カット 池田守利・嶋田天陽
表紙 常紋峠攻略(平成30年度 表紙写真コンテスト佳作作品)
撮影者 荒井剛(東武鉄道(株))/撮影月日・場所 2017(平成29)年1月9日・JR石北本線生田原~西留辺蘂駅間
Nikon D4S 24-85mm f/3.5-4.5G VR F6.3 1/1600秒 ISO400